• Home
  • 461個のおべんとう

461個のおべんとう 上映中

ストーリー / 解説

作っていたのは 親子の絆でした。 心においしい、ハッピーベントーテインメント♪

長年連れ添っていた妻と別れることを決意した鈴本一樹。父を選んでくれた息子・虹輝が15歳と多感な時期を迎えていただけに、一樹は虹輝に対する罪悪感に苛まれていた。そんな時、重なるようにして虹輝が高校受験に失敗したという悪い知らせが届く。
好きな音楽で生計を立てている一樹は、息子に対しても“学校だけがすべてではない。自由に好きなように育ってくれたらそれでいい”と考えていた。しかし、虹輝の出した答えは「高校へ行きたい」だった。そして翌年の春、見事に高校に合格。
ここで一樹はある質問をした。「学校の昼食なんだけど虹輝はどっちがいいの?お金渡して自分で買うのと、父さんが作るお弁当」「父さんのお弁当がいい」
この瞬間、「3年間、毎日お弁当を作る!」「3年間、休まず学校へ行く」という“大切な約束”が生まれたのだった。
バンドメンバーの栄太と利也、マネージャー・徳永と多忙な日々を送りながらも、毎日おべんとう作りを欠かさない一樹。そんな中、おべんとうをきっかけにレコーディングスタッフの真香と距離を縮めていく一樹に対し、虹輝は年下の同級生との関係や高校のマドンナ・礼奈との初恋が上手くいかない。落ち込む息子に一樹は、「うまくいくと思えば、全部うまくいく」と声をかけるも、ふたりは理解し合えないまま。
さらに父だけでなく公私共に順調に歩み始める母・周子の姿を目にした虹輝は、自身の将来への不安から、おべんとうを通じて中を深めた友人のヒロミや章雄とも言い争いに。ひとりになり何もかもが嫌になった虹輝は、衝動的に家を飛び出してしまう。
家へ戻った虹輝と再会した一樹は、「大丈夫。全部うまくいくよ」と、そっと優しくおべんとうを差し出す。それを、笑顔で受け取る虹輝。おべんとうを開くたびに伝わる想い。ふたりの絆が、少しずつだがしっかりと深まっていく…

原作は、音楽ユニット『TOKYO NO.1 SOUL SET』の渡辺俊美著『461個の弁当は、親父と息子の約束。』。SNSに投稿したおべんとうの写真と自身の体験をまとめた本は、料理本という枠を越え、感動するエッセイとして話題を呼びました。

  • 監督
  • 兼重淳
  • キャスト
  • 井ノ原快彦、道枝駿佑、森七菜、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
  • レイティング
  • 指定なし
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)2020「461個のおべんとう」製作委員会
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP