• Home
  • 私をくいとめて

私をくいとめて 上映中

ストーリー / 解説

あの『勝手にふるえてろ』のタッグが再集結!
脳内に相談役・Aが爆誕した31歳おひとりさま みつ子と、年下男子・多田くんがおくる、わかりみが深すぎる!崖っぷちロマンス!

2017年、各地でロングラン上映がされ、第30回東京国際映画祭コンペティション部門 観客賞受賞、第27回 日本映画プロフェッショナル大賞 作品賞・主演女優賞をW受賞した『勝手にふるえてろ』。
同作の原作・綿矢りさ&監督・大九明子が再タッグ!

31歳になり、おひとりさまもすっかり板についてきた黒田みつ子。
みつ子がひとりきりでも楽しく生活できているのには訳がある。脳内に相談役「A」がいるのだ。
人間関係や身の振り方に迷ったときはもう一人の自分「A」がいつも正しいアンサーをくれる。

「A」と一緒に平和なおひとりさまライフがずっと続くと思っていたそんなある日、みつ子は年下の営業マン多田くんに恋をしてしまう。

きっと多田くんと自分は両思いだと信じて、ひとりの生活に慣れきってしまったみつ子は20代の頃のように勇敢になれない自分に戸惑いながらも、一歩前へふみだすことにする。

  • 監督
  • 大九明子
  • キャスト
  • のん、林遣都、臼田あさ美、若林拓也、前野朋哉、山田真歩、片桐はいり、橋本愛
  • レイティング
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)2020「私をくいとめて」製作委員会
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP