燃えよ剣 上映中

ストーリー / 解説

INTRODUCTION
司馬遼太郎原作“国民的ベストセラー”完全映画化!!大河俳優集結!新時代の幕開けに放つ、歴史スペクタクル超大作!
歴史小説界の巨星・司馬遼太郎による国民的ベストセラーの映画化に挑むのは、『日本のいちばん長い日』『関ヶ原』に続き日本の変革期を描く名匠・原田眞人監督。そして、主人公・土方歳三を演じるのは、国民的俳優・岡田准一。念願だった土方役で自ら殺陣の指導も務め、新選組のため最後まで戦い抜いた、誰もが恐れ誰よりも愛される永遠のカリスマを演じ切る。さらに、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明といった名実ともに超豪華なキャストが顔を揃えた。撮影は、西本願寺などの世界遺産や国宝級建造物での一大ロケを敢行。さらに、名高い池田屋事件の舞台である池田屋をオープンセットで完全再現。歴戦の数々には、総勢3000名を超えるエキストラを動員。緊迫感溢れる超一級の殺陣から圧巻スケールの戦闘シーンまで、大迫力のアクションが観る者を圧倒する。日本映画史に残る歴史スペクタクル超大作の誕生!

STORY
開国か倒幕か──
動乱の幕末でわずか6年だけ存在した「新選組」。
彼らはいかにして歴史に名を刻む【伝説】となったのか──?
武州多摩の“バラガキ”土方歳三は、「武士になる」という熱い夢を胸に、近藤勇、沖田総司ら同志と共に京都へ向かう。徳川幕府の後ろ盾のもと、芹沢鴨を局長に擁し、市中を警護する新選組を結成。土方は副長として類まれな手腕と厳しい法度で組織を統率、新選組は倒幕派勢力制圧に八面六臂の活躍を見せる。お雪と運命的に出会い惹かれあう土方だったが、時流は倒幕へ傾いていき―――。剣を手に命を燃やした男たちの知られざる【愛】と【戦い】が、今幕を開ける!

  • 監督
  • 原田眞人
  • キャスト
  • 岡田准一、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介
  • レイティング
  • 指定なし
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)2021「燃えよ剣」製作委員会
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP