• Home
  • 麻雀放浪記2020

麻雀放浪記2020 上映中

ストーリー / 解説

1945年の【戦後】から2020年の【戦後】へ突入したギャンブラー 奴が見た世界とは?
平成最後の最も危険な【センセーショナル・コメディ】

突然ですが、1945年の《戦後》から【東京■リン■■■】が中止となった2020年の新たな《戦後》へ“奴”はやってきた。その男の眼に映るのは、彼の知る戦後とは別の意味で壊れたニッポンの姿。少子高齢化に伴う人口減少、マイナンバーによる過剰な管理社会、AI導入がもたらした労働環境破壊、共謀罪による言論統制・・・国が掲げる、輝かしい明日は何処へ消えてしまったの?
この一見絵空事のような未来に現れた“奴”の名は—“坊や哲”(ボーヤテツ)!
二十歳で童貞なんていう若干無理な設定なんだけど、幾多の激戦を制してきた若き天才ギャンブラーが次に戦うのは、私たちの生きるこの世界、未来の日本だったのだ!

主人公“坊や哲”を演じる斎藤工は、10年の歳月をかけ、猛烈な熱量でこのプロジェクトを発信。そのパワーは劇中、ふんどし姿で麻雀を打つウットリ演技と、ラブシーンのネットリ演技、そして今までに見たことがないクライマックスのゲキレツ演技と、その神がかった迫真性は、感動と爆笑を届ける。

  • 監督
  • 白石和彌
  • キャスト
  • 斎藤工、もも、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、竹中直人
  • レイティング
  • PG12
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP