• Home
  • ミッドナイトスワン

ミッドナイトスワン 11月27日公開予定

ストーリー / 解説

最期の冬、母になりたいと思った。
女性として生きる凪沙と、親から虐待されてきた少女・一果。孤独な二人が寄り添う、世界で一番美しいラブストーリー。

新宿のショーパブ《スイートピー》では、メイクしステージ衣装に身を包み働くトランスジェンダーの凪沙。洋子ママが白鳥に扮した凪沙、瑞貴、アキナをステージに呼び込み、今夜もホールは煌びやかだ。
「何みとんじゃ!ぶちまわすど!」
広島のアパートでは、泥酔した母・早織が住人に因縁をつけていた。
「何生意気言うとるんなあ!あんたのために働いとるんで!」
なだめようとする一果を激しく殴る早織。
心身の葛藤を抱え生きてきたある日、凪沙の元に、故郷の広島から親戚の娘・一果が預けられる。
「好きであんた預かるんじゃないから。言っとくけど、わたし子供嫌いなの」
叔父だと思い訪ねてきた一果は凪沙の姿を見て戸惑うが、二人の奇妙な生活が始まる。

凪沙を中傷したクラスの男子に一果がイスを投げつけ、凪沙は学校から呼び出しを受ける。
「言っとくけどあんたが学校でなにをしようと、グレようとどうでもいいんだけどさ、私に迷惑かけないでください。学校に、謝りにとか絶対行かないって先生に言っといて」
バレエ教室の前を通りかかった一果はバレエの先生・実花に呼び止められ、後日バレエレッスンに参加することになる。
バレエの月謝を払うために凪沙に内緒で、友人の薦めで違法なバイトをし、警察に保護される一果。
「うちらみたいなんは、ずっとひとりで生きて行かなきゃいけんけぇ…強うならんといかんで」
凪沙は、家庭環境を中傷され傷つく一果を優しく慰める。
やがて、バレリーナとしての一果の才能を知らされた凪沙は一果のために生きようとする。
そこには「母になりたい」という思いが芽生えていた―

瞬きひとつ。呼吸ひとつ。ゆらめく姿ひとつ。その刹那に誰もが目を離せなくなる俳優・草彅剛。稀有な才能を持つ彼がトランスジェンダーとして生きる主人公・凪沙役に挑んだ。
本作を手掛けたのは、『下衆の愛』「全裸監督」などで日本映画界が注目する俊英・内田英治監督。その卓越した演出で草彅剛の新たな境地を引きだした。

  • 監督
  • 内田英治
  • キャスト
  • 草なぎ剛、服部樹咲、田中俊介、吉村界人、佐藤江梨子、平山祐介、根岸季衣、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖
  • レイティング
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP